体験版プチ・パセージに参加して…


★5才・1才 のお母さん・・・

『勇気づけ』の意味や方法を少し体験させていただき、自分の想像と違うことが分かりました。勇気づけって「がんばれ!がんばれ!」みたいなものを想像していましたが、全然違いました。

子どもに対して実際にやってみたくなり、もっと深く学びたいなと思いました。机上と体験は違う!と実感しました。ありがとうございました。

 

★10才・6才 のお母さん・・・

いろいろな子育ての本やネット検索などを読んで叱り方やほめ方を工夫してやってきたのですが、全然うまくいかなくて困っていました。『勇気づける』という方法は初めてでしたが、実際に体験してみてもっと勉強したくなりました。本コースを申し込もうと思います。よろしくお願いいたします。

 

★11才・13才 のお母さん・・・

とても楽しく、ありがとうございました。

開いた質問ができるようになりたいですが、難しそうですね。子どもとの接し方を考えていこうと思います。

 

★12才・10才 のお母さん・・・

短い時間でぎゅっとつまったお話しをありがとうございました。

力を見つける(パーソナルストレングス)が見つけられるよう、日々の生活に活かせればと思いました。アドラー心理学の本を読んでから参加しようと思いましたが、無知のまま参加できてよかったと思いました。また、プチ・パセージも何も知らずの参加でしたが

大変分かりやすく話してくださいました。

 

★18才 のお母さん・・・

何度か参加しましたが、その度に新しい気づきをいただいています。今回は、『信じる』ことの意味(信じるってどういうこと?100%子どもを信じるとは・・・)を全員で一緒に考える時間があって、あらためて自分を振り返るいい機会になりました。ありがとうございました。

 

 

★12才・10才・0才 のお母さん・・・

ずっと興味があり参加したかったので、今日参加できてうれしかったです。

本を読んだことも、具体的な事例を出して説明して下さったので、分かりやすかったです。頭では分かっていても、なかなか実践できないことも、『自分を観察』することで少しは冷静になって取り組めそうな気がしました。「原因を探しても、過去のことはどうすることもできないけれど、目的論は未来に向かっているので、できることがたくさんある。」という言葉に、私も勇気づけられました。

まだまだできることが、たくさんあるんですね。大好きな子ども達と信頼関係を築けるように、今日から100%信じます。ありがとうございました。

 

★17才・11才 のお母さん・・・

とてもよい機会となりました。「パーソナルストレングス」を見つけるのには、自分に起きていることから一歩離れてみるのがいいのだと、思いました。これからも続けていきたいと思います。ありがとうございました。

 

★6才 のお母さん・・・

12年ぶりにアドラー心理学をしました。以前は独身だったので、今回はあらたな気持ちで参加できました。本でも読みましたが、やっぱり体験型でワークがあると、字よりも体に入り込みやすかったと、思いました。

 

★お父さん・・・

なごやかなムードで楽しく学ぶことができました。プチパは、パセージの入り口とのことでしたが、プチパだけでも育児が少し楽しくなりそうです。